不具合の原因を突き止めていく作業は、探偵のよう。
この仕事がとにかく楽しいです!

営業部 サービス課 石田 紗弥香

2015年入社 前職:介護職

採用情報 > スタッフボイス・営業部 サービス課 石田 紗弥香

どんなお仕事をされていますか?

サービスエンジニアとして、主に遠心分離機WF型のメンテナンスを行っています。それまでは整備補助員として、機械や部品の洗浄作業を行っていたのですが、機械を整備するサービスエンジニアの仕事を見て「楽しそう!」と思っていました。実際に、不具合の原因を突きとめていく作業は、まるで探偵になった気分(笑)。直った時はすごくうれしいし、とにかくめっちゃ楽しいです! ゆくゆくは、全機械の構造をマスターして、「整備ならまかせて!」といえるくらいになりたいです。

この仕事のやりがいはどんなところですか?

楽しさだけでなく「完璧がない仕事」という点ですね。聞けばなんでも答えてくれる「遠心分離機の守護神」と思える先輩がいるのですが、以前私が一人で行った現場でどうしても不具合の原因がわからず、先輩に電話をしたら、電話口の音だけでノズルのズレを教えてくださったことがあったんです。その先輩と、お客様先に同行した時、先輩ですら原因がわからないトラブルに遭遇しました。結果的に問題は解決したのですが、予想される原因を一つひとつ潰していく先輩の姿を目の当たりにして、長年経験を積んでも悩むことがある奥深い仕事なんだと。感動したと同時に、ますます気持ちが燃えてきました(笑)。

会社の雰囲気はいかがですか?

自分でじっくり考えて「こうしたい!」と思ったことを「わかった。失敗してもフォローするからやってごらん」と受け止めてくださる。「一人じゃない」と思える環境で、とても満たされています。そのせいか、入社してから笑顔が増えた気がします。実は私、アメロイドに入社するまで、新しいことをしたいタイプではなかったんですが、今では、あれもしたい!これもしたい!という意欲が出てきて、新しい自分を引き出された感じです。

アメロイドに関心がある方にメッセージを。

いろんな人に入ってきてほしいと思っています。機械って、さわる人によって個性が出てくるんです。新品かと思うくらいピカピカに整備された機械もあれば、経験からくる知恵が詰め込まれた機械、使う人にわかりやすいようにと心遣いがわかる機械もある。機械だけじゃなくて、日々の作業や清掃といった仕事一つひとつにも、人柄はでてくると思います。だから、いろんな人に入ってきてもらって、私も皆さんのいろんな良いところをどんどん吸収していきたいと思っています。

STAFF VOICEアメロイドで見えてきたこと

MOVIE

AMEROID x ALBION

BRAND BOOK