物理が苦手だった私が、
電気制御のおもしろさに目覚めました。

営業部 セールスエンジニア 宮崎 翔馬

2015年入社 前職:住宅営業

採用情報 > スタッフボイス・営業部 セールスエンジニア 宮崎 翔馬 

アメロイドへの入社を決めた理由を教えてください。

大学で海商法を学んだことから、船舶機器の営業を希望していました。志望の決め手は、営業職に就く前に、まず自社製品について学ぶ研修期間があったこと。経験を通して育てていただける会社の体制に魅力を感じたんです。入社後は3ヵ月の営業研修を経て1年間、製造部へ。実はものづくりが苦手で、最初はスパナがどれかもわからなかったんですよ(笑) 。それが、パイプの切断や溶接までできるようになって、最終的にはひとつの工程を任されるまでになりました。

研修を通して発見したことはありますか?

製造部の次は技術部での研修がスタートしました。物理が苦手で文系に進学した自分にとって、これまた苦手な分野。けれど中里社長が「向き不向きがあるから、できなくてもかまわない」と言ってくださったので、とにかく挑戦してみよう!と。電気制御はゼロからの勉強となりましたが、理解できるようになるとやっぱり夢中になっちゃって…。自分が作ったソフト通りに機械が動くことがおもしろくて、「自分にはこんな能力があったのか!」って信じられない思いでした。

印象に残っているエピソードはありますか?

技術部での研修と併行してサービスエンジニアの研修も受けていて、週の半分はお客様の工場で作業していました。技術部で学んだ電気系統の知識を現場で生かし、自分に足りない知識を見つけては社内で勉強して…。学びと実践を繰り返したことで、電気制御についてより深く理解できました。当時の仕事で印象的だったのは、サービスエンジニアとして任された液体浄化ラインを組み直す大型案件。すごく大変でしたが、同時に電子制御のおもしろさに目覚めるきっかけにもなりました。

これからの目標を教えてください。

現在は、先輩に同行して営業職を研修中です。アメロイドの製品は、現場の環境を改善して排出物削減に貢献できますが、アメロイドの製品がなくても製造工程自体に支障はありません。だからこそ、営業の手腕が問われるやりがいある仕事だと感じます。多種多様な製品の中からどの機械を選び、どのようなシステムを提案することがお客様の抱える問題解決につながるのか、自分の知識と経験を生かしてアプローチできるところが、非常におもしろいと思います。私は入社してから社内のすべての部署を経験できたことで、自分の可能性を大きく広げることができました。これからは部署間のパイプ役も務めながら、会社の発展に貢献できる働きをしていきたいです。

STAFF VOICEアメロイドで見えてきたこと

MOVIE

AMEROID x ALBION

BRAND BOOK